はじめまして、SCALA株式会社と申します

総合的なデジタルサイネージプラットホームを提供し続けて30年近く。Scala Inc.は小売業界、金融業界、教育機関、交通機関、医療機関など幅広い業界で経験を積み、視聴者に必要な情報を伝達し、啓蒙し、楽しませてまいりました。グローバル本社は米国ペンシルバニア州フィラデルフィア近郊に位置し、そこから世界100カ国以上に、認定代理店そして開発者のネットワークを広げております。
SCALA株式会社はそのScala Inc.の日本支社であり、2006年に東京・高輪で設立されました。現在は日本国内のみならずAPAC(アジアパシフィック)エリア全域を担当し、台湾とフィリピン在中のスタッフと共に国内外に製品やサービスを拡販しております。

広がる代理店ネットワーク

SCALA株式会社では、直販は行っておりません。製品、サービスは弊社のシステムを熟知した「認定代理店」からの販売となります。主力製品であるデジタルサイネージソリューション「Scala」は、各認定代理店が自社にフィットするようにカスタマイズ、OEM化して販売しておりますので、エンドユーザー様はご自分のスタイルに合った代理店から製品を購入することが可能です。(代理店のご紹介に関してはこちらからお問い合わせください。認定代理店をご希望の方はこちらをご覧ください)

経験とノウハウ

弊社は「デジタルサイネージ」という言葉がなかった30年前よりデジタルコミュニケーションソリューションに携わってきたことで、「現在」「その場所」にいる視聴者に対して、各々に関連したメッセージをダイナミックに表示するノウハウを備えております。

  • 私たちの財産は、世界中に広がっているScalaエンジニア、代理店、エンドユーザー様たちです。現在世界で50万以上の画面がScalaソリューションで動いています
  • 弊社のソリューションは100か国以上で稼働しています
  • 弊社のソリューションは、絶えずアップデートを繰り返すことで常にマーケットに合う最新の状態でご提供しております
  • 私たちはクリエイティブで超最新鋭のイノベーターでありながら、同時に30年近くの経験を持つ業界のパイオニアでもあります
  • 私たちは経験人的ネットワークで、お客様に必ずご満足いただける内容と結果をご提供いたします

SCALA株式会社 会社概要


社名:  SCALA株式会社  (英文名 SCALA K.K.)


設立年月日: 2006年8月2日 ※沿革は下記をご覧ください


代表者: 代表取締役社長 ギヨム プル


資本金: 300万円 (米国Scala Inc.100%子会社)


事業所数: SCALA株式会社管轄(APACエリア)

国内:1

海外:2(台湾、フィリピン) ※Scala Inc.の全拠点はこちらからご覧ください


日本支社: 注:2017年6月1日より下記住所に移転いたしました

〒141-0031
東京都品川区西五反田5-5-7
ケーエムビル7~9F

TEL:03-6417-9645 (平日9:00~18:00)
FAX:03-6417-9646

URL:http://www.scala.com/jp


主な事業内容: Designer、Content Manager、Playerなど、デジタルサイネージ関連ソフトウェア/ハードウェア、および上記に付帯する各種サービスの提供

scala-by-numbers

SCALA沿革

  • 2017年 SCALA株式会社が事業拡大のためオフィスを移転いたしました。
  • 2016年 SCALA株式会社が設立10周年を迎えました。
  • 2015年  Scala Inc.のグローバル本社がアメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィアの郊外Malvernに移転。 新しく、Scalaソリューションの最新機能の数々が試せる「エクスペリエンスセンター」を本社内にオープンしました。
  • 2013年 直観的なワークフローと完全にリデザインされたユーザーインターフェースを持った、AndroidプレイヤーとHTML5コンテンツ、刷新されたウェブサービスAPIのためのプラットフォーム「Scala Enterprise」を発売。
  • 2012年 Scala Inc.が設立25周年を迎えました。SCALA株式会社が東京・五反田に移転。
  • 2008年 Scala Inc.は「connected signage(コネクティッドサイネージ)」という新語をキーワードに、従来からある広告とデジタルを組み合わせたサイネージネットワークの広告管理向けに統合プラットフォーム製品「AdManager」を発売。
  • 2006年 製品「Scala 5」を発売。このバージョンよりScala製品の基盤が再構築および強化されました。同年、日本支社であるSCALA株式会社を東京・高輪に設立。
  • 2004年 新製品ビジョンの促進に必要な配信技術を持ったノルウェー、オスロ拠点のストリームベース社を買収。この後、Scalaのエンジニアリングチームは劇的な成長を遂げました。
  • 2002年 製品「IC3」を発売。
  • 2000年 製品「Broadcast Server」、「Reporter」を発売。
  • 1999年 製品「InfoChannel Designer」を発売、InfoChannelコンテンツの中で一番の主力製品となりました。
  • 1997年 製品「MM200」と「IC200」を発売。Scala Inc.のマルチメディア「MM200」がPCコンピューティング社の「1997年度MVP賞最終候補企業」にノミネートされました。また、1997年11月版のパブリケーションで、PCフォーマット社の「ゴールドアワード」を受賞。
  • 1996年 PCプラットフォーム向け製品「MM100」、「IC100」、「PB100」を発売。ScalaがBYTE賞の技術部門を受賞。
  • 1994年 コモドール社アミーガから離れ、PCベースの製品に着手。新製品「IC500」を発売。
  • 1992年 「Digital Vision AS」から「Scala Inc.」へ社名を変更、また本社も米国に移転。
  • 1988年 「Digital Vision AS」、コモドール社のアミーガプラットフォームを利用した最初の製品「InfoChannel」を発売。
  • 1987年 ノルウェーにてScala Inc.の前身である「Digital Vision AS」が設立。当時はケーブルテレビ局向けの製品開発がメインでした。その製品は現在では「デジタルサイネージ」という名称で呼ばれています。最初のコンピュータ(コモドール社のアミーガ)で動くこのソフトウェアは、グラフィックに焦点が当てられていました。