医療向けデジタルサイネージ

効果的なコミュニケーションによって生まれる安心と信頼

コストの削減と満足度の向上に

近年、特に大きな医療施設では、待合室などにデジタルサイネージを導入する機会が増えてきました。デジタルに移行すると、オペレーションが効率的に行われ、お待ちになっている患者さんに対するケアの質が上がるだけでなく、それまで行っていた従来のオペレーション(チケットや呼び出し)にかかっていた時間や人的コストを削減することも可能になります。操作が簡単で、内容の更新も即座にできるので、患者さんが必要とする正確な情報を適宜提供することができるようになります。

また、患者さんが情報をデジタルディスプレイや、セルフサービスのキオスクなどから得てもらうことで、医療従事スタッフは自分の仕事に専念することが可能になります。

患者さんのケアの品質向上

待合室のディスプレイは、順番待ちをしている間に気を紛らわすもの、インフォメーション、リアルタイムの順番待ち情報、ライブニュースフィード、院内案内キオスクなどを用意することで、患者さんのフラストレーションを軽減することが可能です。ドクターやスタッフに対しては、ディスプレイで患者さんの順番待ち情報やデータベース情報、治療の実地要綱、トレーニング情報を同期して知ることができます。

  • スケジューリングシステムなどの外部システムとディスプレイを統合することで、患者さんが常に最新の情報が受け取れるように
  • 興味深い映像や、ライブニュースフィード、SNSなどで長い待ち時間の苦痛を軽減
  • ビーコンやモバイルアプリ、セルフサービスキオスクなどの最新技術を取り入れることで、受付を合理化し、待ち時間を短縮
  • 関連する広告や関連するサービスのプロモーション、お知らせをディスプレイに表示することで、広告料や別収入を得ることも可能です
  • レストランや購買などで、栄養情報や体質別ガイドライン、アドバイスやインフォメーションを表示することも可能です

常に最新、常に必要な情報、常に関連したコミュニケーションを

問い合わせをする

Scala のデジタルサイネージができること

医療施設では、患者さんや付き添いの人たちが安心していられることがなによりも大切です

患者さんやご家族の方が不安や疑問を感じたら、病院側は可能な限り早く回答して、不安を取り除くことが必要です。SCALAのデジタルサイネージは、 イノベーティブな技術と視覚的なツールで簡単かつ即時に正確な情報をみなさまに提供できます。



		

デジタルソリューションなら、患者さんが、必要なタイミングで、正確かつ自分に関係する情報をタイムリーに受け取ることができます。

SCALAのデジタルサイネージは、世界中の病院、診療所、クリニックなど医療施設で使われています。

こちらの 導入事例もご覧ください

デジタルサイネージのエキスパートに相談しませんか?

SCALAは、従来のデジタルサイネージソリューションのその向こうへ。SCALAの豊富な実績についてお知りになりたい場合は、エキスパートがお答えいたします。

29年間に培ったノウハウで、みなさまのビジネスに役立つアドバイスをご提供いたします。

  • 29 年の経験
  • 500 社以上のグローバル代理店
  • 100ヵ国以上で稼働
  • 500,000以上のディスプレイで稼働

SCALAは、世界中の病院や診察室、クリニックやヘルスケア施設などにデジタルサイネージソリューションを提供してまいりました。

ご質問、お問い合わせは

右のお問い合わせフォーム、もしくはinfo@scala.jpまでお気軽にお問合せください。

お問い合わせフォーム