緊急情報、公共の安全に関する警報など、政府機関や公共施設から発信される「お知らせ」は、あらゆる人に届く必要があります。

国会議事堂、公官庁、都庁、道庁、府庁、県庁、市役所、区役所、町役場、村役場、刑務所、消防署、警察署、区民センター、自治会館 などの政府機関にデジタルサイネージを導入することにより、以下のことが可能になります。

  • 地震や津波、大雨などの災害警報や、避難場所のお知らせ、光化学スモッグ警報、警察や救急からの緊急アナウンスなど
  • 役所や警察などの内部連携
  • 窓口への順番待ちシステムや、待ち時間のイライラの緩和
  • ディスプレイやキオスクを使った来訪者への館内案内
  • 聴覚障害の方や、他言語利用者向けの利用サービスシステム
  • ポスターやちらし印刷に必要だった費用や人的コストの削減と、広告掲載による利益の創出

こちらの 導入事例もあわせてご覧ください

SCALAは、従来のデジタルサイネージソリューションのその向こうへ。

30年間で培ったノウハウで、エキスパートがみなさまのビジネスに役立つアドバイスをご提供いたします。

  • 30 年の経験
  • 500 社以上のグローバル代理店
  • 100ヵ国以上で稼働
  • 500,000以上のディスプレイで稼働

SCALAは、州施設や区役所、緊急事態管理局、刑務所、上院議事堂、国会議事堂など、世界中の政府施設の屋内外にデジタルソリューションを提供しご好評をいただいております。

ご質問、お問い合わせは

右のお問い合わせフォーム、もしくはinfo@scala.jpまでお気軽にお問合せください。

お問い合わせフォーム