Scalaの QSR エキスパートが詳しくご説明します

動的かつ的確なメッセージのScalaのデジタルメニューボードは、売り上げを伸ばし、顧客経験価値をアップさせます

Digital Menu Board Restaurant

  • 平均注文金額を上げます(POS)。
  • アップセル(単価の高いメニュー)、クロスセル(あわせ買い)を勧めることで平均注文金額を上げます。
  • 表示内容を変更する方法は、遠隔操作/店舗内のどちらからでも可能です。
  • 全国に広がるチェーン店舗の莫大な数のディスプレイに対し、ロケーションごとに適切な内容を自動的に表示します。
  • Digital Menu Boardテンプレート機能やコンテンツ作成ツールを利用すれば、簡単かつスピーディにメッセージを変更することが可能です。
  • インタラクティブなキオスクやデジタルメニューボードを設置することでそれまでかかっていた人件費が削減できます。
  • 注文プロセスの自動化で、待ち時間が短縮できます。
  • ScalaのエキスパートチームがScalaのAPIを使い、みなさまのご要望やシステムに合わせてインテグレーションいたします。
Scalaのデジタルメニューボードは「マクドナルド」、「バーガーキング」、「ウェンディーズ」、「タコベル」など大手グローバルファーストフードチェーンで稼働しています。

Scalaのメニューボードを導入してから、Burger Kingでは特定のメニューの売り上げが63%アップしました!

世界的なファーストフードブランド「ウェンディーズインターナショナル」のレストランソリューション部門の取締役ニック デカルロ氏は、データ共有とソフトウェアプログラムの相互作用が可能なアプリケーションプログラムインターフェイスを探していました。「私たちが何よりも手に入れたかったのはオープンAPIです」「Scalaはその要望に応えられた唯一の会社でした。オペレーションのことを考え、『私たちの規模に対応できるだろうか』と尋ねたところ、Scalaだけが『大丈夫です、保証しますよ』と答えたのです」