ネットワークの管理とコントロールツールであるScala Content Managerは、ネットワーク管理と維持に必要なリソースを削減。さらにシンプルになりました。テンプレートのサポート、プランベースのコンテンツ配信、スケジュール表、プレイリスト…インターネット接続されたコンピュータさえあれば、世界中どこからでもネットワークの管理が可能になります。

以下のサムネイルをクリックすると、実際のContent Managerの画面をご覧いただけます

 

  • カンタン操作のインターフェース – 直感的でわかりやすいWebベースのユーザインタフェースで、素早くカンタンにナビゲートします
  • テンプレート – コンテンツテンプレートを使えば、お持ちの写真やテキストを追加するだけで、あっという間に美しいコンテンツを作成できます。また、あとでエンドユーザーがContent Managerインターフェースから編集・プレビューできるように、デザインチームは可変データフィールドを使って新しいテンプレートを作成することも可能です
  • メディア管理 – コンテンツを、ファイルの種類・カテゴリ別・メタデータなどで整理することができるので、必要なものがすぐ見つかります
  • プレイリスト –  Scalaスクリプト、メッセージ、動画、Flash、静止画を使ってプレイリストが作成できます
  • サブプレイリスト – プレイリストはプレイリスト内に追加が可能です (例:マスタープレイリストは、「企業のニュース」「従業員情報」「商品の特徴」「セール情報」…などなど複数のプレイリストからできています。また、各サブプレイリストが呼び出されたときに再生されるメディアのnbを指定することができます。これにより、複数の「企業ニュース」コンテンツがあっても、各ループに適切な順番で表示することができます)
  • スケジュール機能 – プレイリストのタイムスロットは、シンプルでわかりやすい表示なので、カンタンに編集ができます。可変再発パターンと、開始/終了日で、コンテンツをスケジュールします
  • 緊急メッセージ –  緊急メッセージは、特定の時間に上書き表示することも、外部イベント(「ゆれくる」、「Jアラート」など)や緊急事態などが発生したときに割り込み表示するよう設定することも可能です
  • スマートプレイリスト –  Content Managerは、さまざまな条件のいずれかにもとづいて自動的にプレイリストに割り込むことが可能です。例えばスマートプレイリストでは、人の手を介さず、それ自身が自動的に画像をコンテンツに追加するプログラムも可能です
  • アプルーバル – 必要に応じて、再生する前にコンテンツの再生許可の承認を行うアクションを設定することが可能です。設定すると、事前に指定されているメールアドレスに承認メールが送信されます
  • スマートコンテンツ配信 – コンテンツの配信は、各表示Player側が新しく追加されたり変更されたファイルだけを選んで自動的に配信するので、無駄な大量のデータ配信を防げます
  • 複数の独立したフレーム – ディスプレイ内に、カンタンに(各フレームが独立したコンテンツを再生している)複数のフレームを作成できます
  • マルチチャンネル対応 – ひとつのPlayerから、まったく別の2つのチャンネルを動かすことができるので、ハードウェアやOSライセンス、管理コストを削減することが可能です
  • 音声コントロール –音声専用チャンネルを作成したり、音声付き動画が始まったらバックグラウンドミュージックを自動的に消音するように設定することも可能です
  • 信頼性と拡張性 –  1台から開始しても、後に追加して複数台運用にすることが可能です。Scalaは競合他社をはるかにしのぐネットワークのインストール実績数があり、その信頼性は実証済みです
  • 地上波も衛星放送も –  IPベースのコミュニケーションキャリアで地上波と衛星放送(マルチキャスト)の双方をサポートしています、
  • よりよい互換性 – あらゆるITセキュリティ要件を満たすために、IPv4/IPv6を介してHTTP / HTTPSでコンテンツを提供
  • データベース / バックエンド –  みなさまの環境に応じて最適なサーバやデータベースをお選びいただけます。データベースはMicrosoft SQL Server と PostgreSQLに対応しています
  • Player オプション –  フル機能を持ったPCから、メディアアプライアンス、デジタルフォトフレームなど、ニーズに合わせて最適の再生デバイスを選択可能です
  • Player 管理 – Playerをエリアや人口統計、表示オプション、表示するコンテンツの選択などでグループ分けすることが可能
  • ネットワークモニタリング –  Playerの「ヘルスモニタリング機能」で、ネットワークの状態が常に確認できます
  • メンテナンススケジュール –「再起動」「送信」「ファイルの取得」「Scalaの更新プログラムのインストール」のようなメンテナンス作業をリモートで行えます。ネットワークへの負担を最小限にするために、タスクを夜間や早朝など特定の時間に実行するようスケジュールすることも可能です
  • ウェブ サービス – コンテンツ配信やアクセスをコントロールするために、独自にカスタマイズしたフロントエンドを開発したい人のための基盤となるソフトウェア「エンジン」にアクセスができます。Content Managerは、カスタムフロントエンドのためだけのものではありませんが、他の多くのプロセスやアプリケーションと統合するのに便利です
  • ワークグループ – 各ワークグループが見られるのは属しているグループのコンテンツだけ、というように、違うワークグループからのコンテンツへのアクセスを管理します
  • 許可制の ユーザーロール(役割) –  各ユーザーに対して異なるレベルのアクセス権を割り当てることで、セキュリティ面の強化とワークフローの向上が可能です(例:店舗、本部、店長、デザイナー、管理者など)
  • パブリッシュロケーション – Content Managerは、外部FTP、もしくはネットワーク共有フォルダから自動的にメディアコンテンツの取得が可能です
  • 条件付き再生 – すべてのプレーヤーで再生される「マスタープレイリスト」を用意。そのプレイリスト内では、各メディア項目の条件を指定することができます(例:メディア商品「動画A 」は、月曜日にのみ再生される。またはメディア商品「画像B」は、ロケーション=大阪でのみ表示される ) 。この機能で、複雑なスケジューリングをカンタンに作成することが可能になります
  • Player メタデータ – 各Playerにメタデータを指定できます(例:「A店」の場所は=東京で、「B店」の場所は=北海道です)
  • タイムトリガー –  独自のフレームまたはフルスクリーンで、特定の時間に、特定の繰り返し周期で、特定のコンテンツを再生するかどうかPlayerに問い合わせます
  • イベントトリガー – 外部イベントに基づいて、特定のコンテンツを再生するかPlayerに問い合わせます (例:気象条件/画面を見た人の性別/など。※各ソリューションは開発の必要があります)

お問い合わせフォーム