Scala Designerはデジタルサイネージコンテンツ作成用ソリューションです。簡単で使いやすく、動きのあるコンテンツの作成に適していて、さらにコストエフェクティブな作りになっています

以下のサムネイルをクリックすると、実際のDesignerの画面をご覧いただけます

Use Your Favorite ToolsPhotoshop Plug-inMake id DynamicForget Re-RenderingAmazing TransitionsLive PlaybackLayoutLanguage SupportDesign VersatilityAdd data-driven text crawls with controllable direction and speedFully StockedDesign great templates and keep your look clean and consistent while letting any internet user easily add content and textDesign interactive content with interactive buttons, variables and branching for kiosks or other applicationsMany applications can be authored right in Scala’s easy to navigate, graphical interfaceProgrammers can dive into the ScalaScript language or use supported Windows Scripting languages such as VBScript, JavaScript or PythonDesigner comes with plenty of other useful authoring features such as undo, spell check, printing, collect files and exportingOptional add-ons to control switchers, video playback hardware and other devicesWhen complete, publish your content to Scala Content Manager where it is scheduled and distributed to Scala Players

  • お好きなツールをお使いください – コンテンツ作成には、標準的な動画/画像作成ツールがご利用いただけます
  • Photoshop プラグイン – Designerには、Adobe Photoshopのプラグインが付属しています。Photoshopでレイアウトを作成し、タイミング、トランジション(効果)やインタラクティビティを追加して、Designerにエクスポートすることが可能です
  • さまざまなメディアフォーマットに対応 – Designerは、ファイル変換や再レンダリングをすることなく、サーバー側で幅広い種類の画像、動画、音声ファイルフォーマットを合成します
    • 画像: BMP、 GIF、 IFF、 JPEG、 PCD、 PCX、 PNG、 Targa、Tiff、WMF
    • 動画: MPEG 1、 MPEG 2、 WMV、 H.264
    • 音声: WMA、 WAV、 MP3
    • HTML/HTML5 URL/ウィジェット
    • Flash : SWF (バージョン 10.3.*)
    • ストリーミング : H264/MPEG2  RTP/RSTP以上、ユニキャスト/マルチキャスト
    • アナログ SD TV チューナー / キャプチャーカード
  • ダイナミックに – 文字や画像、音と動画をシームレスに放送レベル品質のマルチメディアへ結合。たとえフルスクリーンであっても、正確に実際の表示状態をプレビューします
  • 再レンダリング不要 – Designerは、動画やコンテンツを再レンダリングしません。再生はライブレンダリングされ、実行中はオリジナルのメディアフォーマットのまま
  • 豊富なトランジション(効果)の数々 – Designerでは、Scalaプレイバック(再生)エンジンに組み込まれた、何百種類ものフルスクリーンエフェクトやトランジション(効果)を利用可能
  • ライブ再生 – Incorporate live Windows Streaming Video や Adobe Flash コンテンツが利用可能
  • レイアウト – アライメント(調整)ツール、グリッドとガイドを使った、より特徴的でわかりやすい画面構成
  • 言語サポート – コンテンツは、ほとんどの国際ライティングシステムズ(ヨーロッパ言語、アジア言語、アラビア語、ヘブライ語など)を含む、数十の言語での作成が可能
  • 汎用性の高いデザイン – コンテンツは自動回転させたり、ディスプレイサイズにピッタリ合わせて拡大縮小することができます
  • テロップ– テキスト(文字)テロップは、サイズや方向、速度が自由に設定できます
  • 充実した素材– Scala Designerには、コンテンツ作成時に役立つクリップアート、ストックイメージ、テンプレート、背景、ストック動画が豊富に用意されています
  • テンプレートデザイン – 用意されているテンプレートを使用することで、誰でもプロが作ったようなデザインが実現でき、さらにインターネットにつながっているパソコン経由で、カンタンに写真やテキストを変更することが可能です
  • インタラクティブ性 – インタラクティブボタンのついたインタラクティブコンテンツのデザイン、変数やキオスク、他のアプリケーションのための分岐の作成が可能です
  • イージーカスタマイズ – イージーナビゲートかつ視覚的なインタフェースで、多くのアプリケーションを正しくオーサリングすることができます
  • オプションスクリプト– Scalaスクリプト言語、もしくはWindowsスクリプト言語(VBスクリプト、Javaスクリプト、Pythonスクリプト) が使用できます
  • オーサリングアメニティ – Designerには、他にもアンドゥ、スペルチェック、印刷、ファイルの収集、エクスポートなど、作成に役立つオーサリング機能が多数用意されています
  • 追加モジュール –オプションのアドオンはスイッチャ、動画再生のハードウェアや他のデバイスを制御します
  • コンテンツのパブリッシュ – 完成したコンテンツをScala Content Manager にパブリッシュします。スケジュールを組んで、指定されたScala Playerに配送します

お問い合わせフォーム