PCプレイヤーは、コンテンツを分配する単なるツールではありません。PCプレイヤーはみなさまのデジタルサイネージソリューションを完成させるために必要な、最後の重要なピースです。弊社が用意した豊富なオプションは、さまざまなシチュエーション用に、それぞれ異なる強度と機能を持っています。
さて、ではどの機種を選んだらよいのでしょうか。

PCプレイヤーを選択する際には、ぜひこのシンプルな質問を常に念頭において決定してください。

「目的は何ですか?」

どのPCプレイヤーが一番適しているかは、みなさまの考える「ビジネスのゴールが何か」によって決まります。コンテンツ内容と使い方でプレイヤーの選択がどのように変化するかは、以下のチャートをご参考にしてください。

Choosing a Digital Signage Player

Android プレイヤー ハードウェア

Digital Signage Android Player

Scala Player は特定のAndroidで動くメディアプレイヤーハードウェアとフォトフレームハードウェアで稼働します

再生機能

  • 画像
  • 動画 (制限あり)
  • HTML5 コンテンツ (インタラクティブ 対応)
  • 複数のスクリーンゾーン (固有のデバイス)
  • Scala メッセージ
  • Flash と Scala スクリプトは対応しておりません

IAdea Digital Signage Media Player

IAdea ブリッジ サーバ経由の IAdeaプレイヤー

  • IAdea のデバイスは いくつかの追加機能がありますが、Androidライセンス経由には対応しておりません
  • IAdea ブリッジサーバのインストールが必要になります*
  • ブリッジサーバ1台につき最大500デバイスまで推奨

*IAdeaブリッジサーバをScala Enterprise Content Managerと同じサーバー上に存在させることは可能ですが、最適なパフォーマンスとスケーラビリティのために一般的にIAdeaブリッジサーバーは独自のサーバーにインストールすることをお勧めいたします。

Mid-Range-PC Digital Signage PlayerHigh End PC Digital Signage PlayerScala Enterprise – Scala Players

  • 無限の可能性
  • 幅広いSCALA 認証 PC プレイヤーを用意
  • 最大の安定性と互換性のために「Scala Ready」 を利用してください

決定する前に熟考していただきたいこと

  • どのような特徴/機能が今回のプロジェクトで基幹となり、また基幹とならないか?
  • すべてが左右されるくらい「設置場所」は重要です
  • オールインワンソリューション/別々の画面とプレイヤーでのソリューションのどちらがよろしいですか?
  • どのくらいのサイズ、解像度、画面構成が必要ですか?
  • サポートが必要になるチャンネル数はいくつですか?
  • ゾーンやフレームはいくつですか?
  • 各拠点でのインテグレーションは必要ですか?
  • インタラクティブ/パッシブどちらで使用しますか?
  • 「コンテンツ」は最重要項目です。どのタイプのメディアをお使いですか?
ほかにもプレイヤーの選択のためのガイダンスがお入用の場合は、弊社までお問合せください。