決定ポイントにおけるインテリジェントで適応可能なシステム

複数のデータソースを使ったネットワークでのデジタルサイネージコミュニケーションの最大の鍵のひとつが、POS(販売時点情報管理)システムです。POSサイネージソリューションは信じられないほどインテリジェントで、ひっきりなしに変化し続けるニーズや客層に合わせて素早く適応することが可能です。

Scalaでできること

  • メッセージはお客様の行動に影響を与えるだけでなく、行動予測分析やご自身で設定した目標をベースにして表示を調整することも可能です
  • リモートでカンタンなテンプレートとコンテンツツールをカスタマイズすることができ、店舗内プロモーションやコミュニケーションをコンスタントに更新することが可能になります
  • 莫大な数のデバイスやディスプレイであっても、メッセージを各ロケーションに合わせて自動的に変更することが可能です
  • POSシステムから直接製品価格を取得することで、自動的かつ迅速に内容を更新することが可能です
  • キオスクを設置するとお客様の注文が迅速になるだけでなく、店舗に製品の在庫があるかどうかや、多店舗への確認などもチェックできるようになります
  • 他の色や似たようなデザインを表示して選択肢を提示したり、コーディネートに合うアクセサリー類をオススメするデジタルサイネージを試着室に設置
  • ディスプレイの表示内容や、在庫数に合わせて自動的にプロモーション内容を変更するような工夫をしないと、いずれ見られなくなってしまうことも
  • 一日の時間帯や、季節ごと、そのときに来店中のお客様の属性に合わせて流すメッセージを自動的に変更できます
  • POSシステムとビーコンやQRコード、インタラクティブやタッチパネル技術などのソリューションとを組み合わせて活用するという可能性も視野にいれてみては