Scalaでできること

巨大な施設やビル内で、すべての来客者が行きたいところへ行く方法を的確に表示するのはカンタンなことではありません。それにどんなタイプの会社、団体、研究所でも、常にすべてが同じとは限りません。 リノベーションやメンテナンス、テナント変更などのたびに調整が必要になります

さらに、初めての来客者に対しては、正しい待ち合わせ場所や受付に行く方法、好きなお店をみつけるためのお手伝いが必要になります。Scalaプラットフォームを使ったデジタル行き先案内は、簡単にルートを調整でき、来客者をカンタンかつ迅速に正しい場所に導きます

  • ロゴや動画、SNSを使うことで、コンテンツのパーソナライズやカスタマイズが可能になり、単なる案内図よりも温かみが生まれます
  • さらに予約やスケジュールシステムと連携することも可能です
  • 個人的なルート描写向けに、データベースとデジタルサイネージシステムを同期させることもできます
  • リテール業界なら、買い物客がナビゲーションツールで好きな商品やブランドを入力することで、カンタンに販売している店舗を表示することもできます。
  • サービスや経験、売り上げのアップが見込めます。例えば飛行機の乗客がフライトナンバーを打ち込んでゲートを探すときに、時間があれば併せて通り道に飲食店などの案内を出すことも可能だからです。