Signal a Competitive Difference with Digital(デジタルでライバルと差をつける)(英語) (出典: Nation’s Restaurant News) – ファーストフード 部門は競争が激化しています。数千単位の店が米国の外食産業に点在し、10億円規模を売り上げるので、ファーストフード事業者はライバルに差をつけたり顧客数を維持するために、競合他社との差異を増やすことを重要視しています。

したがって、ファーストフード事業者は店舗やドライブスルーなどでリピートビジネスを維持しつつ、高いレベルのサービスを提供するのに役立つ信頼性と耐久性に優れた技術ソリューションの提供が重要になってきます。ハイクオリティで視覚的なアピールが可能なアイキャッチメニューサイネージやデジタルメニューボードを展開することで、競争相手より頭一つ抜けるお手伝いをします。

Fighting Showrooming with Digital Technology(デジタル技術を使った、ショールームの闘い)(英語) (出典: retailcustomerexperience.com) – 近年、多くの消費者が、商品の情報を収集するために実店舗のある小売店を訪れて販売担当者と話をしてから、家に帰って低コストでオンラインのサイトから同じ商品を購入しています。この記事では、顧客体験を改善し、購買決定を促進するために小売店で使用できるデジタル技術についてご説明しています。

4 ways Digital Signage can help Manage Inventory(在庫管理に役立つ4つのデジタルサイネージの方法)(英語) (出典: QSRweb.com) – 食品に関するコストは飲食店事業者が直面する最大の支出であり、そのために必要不可欠なのが在庫管理です。メニューボードに関してしばしば見落とされがちなのが、在庫管理をコントロールする役割です。この記事では在庫管理に役立つデジタルメニューボードについて説明しています。

  • 期間限定の特典を管理
  • 過剰在庫の解消
  • 在庫切れ商品の取り扱い
  • メニューミックスのコントロール

デジタルサイネージモンスターに食事を与えましょう – Scala SignChannelの前代表であるジェフ・ポーターが、デジタルサイネージネットワークのためのコンテンツ作成の基本的な考慮事項についてご説明します。

成功するデジタルサイネージネットワークの分析 – デジタルサイネージは、どんな業界でも「Command Attention(アテンションを意のままに)」できる非常に効果的なツールです。こちらのホワイトペーパーでは、この強力なメディアを異なる業種で活用しているかご紹介しております。

印刷された標示世界の中のデジタルサイネージ – さまざまなソースと近代的な小売店でのインストアビジュアルマーチャンダイジング(VM)マテリアルのワークフローを定義してご紹介します。小売りシステムの骨組みは、各VM技術の共通のデータインフラストラクチャを提供するために信頼できます。つまり、新しいシステム基盤やデジタルサイネージのために新たに「ビジネス用のサイロ」を作る必要はないのです。

デジタルサイネージのための10のルール – ディスプレイネットワークを展開する方法を知りたい初心者の方のために、「なにをまず熟考すべきなのか」リストをご紹介いたします。

地上波 vs. マルチキャスト配信

ディスプレイの「焼き付き」を防ぐ