Instore Re-Targeter(インストア リターゲッター)

店舗に足を踏み入れたときに、一番あなたに近いディスプレイが、自動的にあなたの個人プロフィールや過去に購入した商品にマッチしたオススメの商品を表示します。ビーコン技術を使って、店舗の顧客データベースからファクトベースの顧客プロフィールを見つけます。

Scalaは、この顧客情報から顧客の性別と年齢を基に3種類のファッションを表示します。お客様は携帯電話からフォローアップのアクション(希望のサイズをフィッティングルームに持ってきてもらう、購入する、セールス担当を呼ぶこと)が選べます。

Fling(フリング)

Scala はお客様の記憶に残るショッピング経験を作るために、モバイルデバイスを使ったインテグレーションを開発。手元で表示していた内容を大型スクリーンに飛ばして(フリング)表示します。

Lift & Learn(リフトアンドラーン)

アディダス・ゴルフ・フットウェアをフューチャーしたScalaの『Lift&Learn』ソリューションで、店舗でのショッピング体験をガラリと変えてください。LCDディスプレイはお客様を惹きつけるだけでなく、それぞれの比較をしたり、商品に関する詳細情報を知ることができます。『Lift&Learn』ディスプレイはScala Content Managerシステムに接続されています。そして、POSデータを使用し、中央管理からネットワーク経由で簡単に価格設定の変更が行えます。

Connected Digital Signage Café(コネクティッドデジタルサイネージカフェ)

コーヒーのオーダーは、Scalaのセルフサービスアプリケーションで。もう名前を控えたり、チケットナンバーは必要ありません。オーダー後にスタンドの近くに来れば、Beacon技術が来店が近いことをキャッチし、自動的にオーダーがバリスタに伝わります。コーヒーが淹れあがると、自分のスマートフォンの告知とメインディスプレイに表示された自分の写真で出来上がったことを知ることができます。もう出来上がりカウンターで待つ必要はなくなります。

Style Advisor(スタイルアドバイザー)

インタラクティブディプレイの「Style Adviser」で、みなさまの売り場にシームレスなショッピング体験を。お客様が特定のエリアに近づくと、タブレットからショップアシスタントが縦に2つ並んだディスプレイにコーディネートを表示することで販売の補佐ツールとして使えます。コーディネートのチョイスは、お客様の性別や最新のトレンド、カジュアルベーシックもしくは正式なドレスなのか、などを判別して行います。販売補佐ツールアプリは、色やサイズなど追加の商品情報、違うスタイルオプション、他のアシスタントに選んだ服をフィッティングルームまで持ってきてもらうよう指示を出すことも可能です。

お問い合わせフォーム